ラベル:新興国

僕が海外投資をする理由

 これからの先進国は成長が止まり、デフレの世の中になると予想します。つまり、先進国ではものがあふれかえり、企業がものを売ろうとしても既にみんなもっているため、付加価値をつけないと買ってもらえません。もはや、日本は売り手は多いですが、買い手が少なくなっているのです。そのため、企業も日本市場は成長性が見込めないとして、海外に進出していま…

続きを読むread more

アメリカではなくアフリカに投資です!

 ここ最近ドル高が進み、新興国・フロンティアが売られているので、今回はアフリカETF(AFK)に投資しました。  アフリカといえば政情が不安定だったり、投資するリスクは高いと思います。しかし、これから人口がもっとも伸びるのはアフリカなのです。  2050年までにアフリカの人口は現在の11億人から24億人程度まで増えると見…

続きを読むread more

これから人口ボーナスの恩恵を受ける地域は?

 これから人口ボーナスの恩恵を受ける地域は東南アジアやアフリカです。シンガポールやタイを除いたインドネシア、フィリピン、ベトナムなどの国が人口ボーナス期にあります。  現在、経済成長著しい中国は一人っ子政策の弊害で、労働人口の伸びが一気に縮んだため、人口ボーナス期が終了しました。他にも韓国・台湾・シンガポール・タイも人口ボーナ…

続きを読むread more

インドネシア、フィリピン、ベトナムなどに投資する理由

   新興国はこれから人口ボーナスが期待できて、生産年齢人口の割合が増えていくことにより、持続的な経済成長をしていくことが予想できるからです。僕が投資対象にしているのは、インドネシア、フィリピン、ベトナムなどの人口ボーナスが期待できる国です。平均年齢が若く、人口増加が見込める国を対象に投資を行っています。  人口ボーナスによる経…

続きを読むread more

ドル高が進んでいるが、新興国は大丈夫なのか?

 ドルが急激に強くなっている理由は欧州と日本が停滞し、中国や他の新興国が減速する中、米国経済は比較的強く見えるためです。  米国の金融政策が引き締めに向かう一方で他の中央銀行が依然緩和を続けていることから、投資家はドル建て資産からより大きなリターンを得ることができると考えるため、ドルが上昇する訳です。  しかし、ショッ…

続きを読むread more

割安な株は買ってはいけない!?

 多くの個人投資家はPERが低いということを理由に株を買うと思いますが、たいていは失敗します。なぜかというと、それは既にマーケットが織り込んでいる理由があるということです。  これから業績が傾く可能性があるか、過去の業績に問題があるか、何かしらの問題があるからこそ割安で放置されているといえます。  例えばPERが5倍の銘…

続きを読むread more

もっと見る