インドネシア最大の自動車メーカー

ff0bcedc6f011ec243771cb96ef955ec_s.jpg
アストラ・インターナショナル(ASII)

アストラ・インターナショナルはインドネシアを代表するコングロマリット(複合企業)であり、インドネシア国内最大の自動車メーカーです。

同社の時価総額は約3兆円程で、インドネシア最大級の企業です。アストラ・インターナショナルの事業は多岐にわたり、自動車産業、重機、農業、IT、金融サービス、インフラ整備などを手掛けています。

その中でも中心となるのが自動車産業で、日本のトヨタ、ダイハツ、レクサス、いすゞなどと提携しています。自動車事業は、インドネシア市場向けの自動車や部品の製造や販売、レンタカー、中古車販売、保険といった車のサービスほぼ全てを提供しています。

同国の車の保有率は、2010年の統計によると1000人当たり31台と世界的に見ても低いレベルで日本人の約19分の1(日本は1000人当たり590台)ほどしか車を保有しておらず、その伸びしろはまだまだ大きいものと考えられます。

これらのことを考えると、アストラ・インターナショナルの成長余地はまだまだ大きそうです。しかし、時価総額から考えると株価が数十倍になるということはなさそうですね…。ここを買うとすれば、大型株の安定成長を狙った投資ということになりそうです。まぁ市場を独占している企業なので、安定した成長は狙えそうな気がします。

他の事業に関してですが、農業事業の子会社アストラ・アグロ・レスタリ(AALI)は、パーム油ビジネスを展開し、重機の子会社ユナイテッド・トラクター(UNTR)は、コマツ製品をインドネシアで独占販売しています。


この記事へのコメント