インドフード・CBP・スクセス・マクムル

16487038e3171b1224f81deb6cdbcfec_s.jpg
インドフード・CBP・スクセス・マクムルはインドネシア最大手の即席麺製造メーカーです。以前このブログでも紹介したインドフード・スクセス・マクムルの子会社です。なぜ子会社に投資したかというと子会社の方がPERが高く、成長力が高そうな為です。

この子会社は2009年にインドフード・スクセス・マクムルの消費者ブランド製品部門が独立してインドフード・CBP・スクセス・マクムルを設立し、2010年にインドネシア証券取引所に上場しました。

即席麺、乳製品、スナック食品、調味料、栄養食品などを製造販売しています。同社は戒律の厳しいイスラム教徒向けの食品を製造しており、中東やアフリカなどのイスラム市場にもビジネスチャンスが広がっていると個人的には考えています。また、日本の企業と合弁会社を設立する動きも出ているようです。

2012年には日本のアサヒ飲料と合弁会社を設立し、清涼飲料の生産を始めました。他にもインドネシアでパスタのレストランを開くためにジェーシー・コムサと合弁会社を設立したり、月島食品工業ともインドネシアでマーガリンなどの油脂関連製品の生産に向けて合弁会社を設立しました。

日本企業もこれからは世界で勝負していかなければならないと頑張っているようですね。今後のインドネシア国内の経済成長と人口増加、国民所得の向上を考えれば多少割高でもしょうがないと思って買ったら、暴落しましたw

もしこれ以上下げるなら、インドフードを毎月買い増ししていくつもりです。ドル高になると新興国から資金が引き上げられて、新興国が危機になりますがそういった局面では逆張りスタンスでいきたいと思います


この記事へのコメント